サーモシェイプ関連情報

HOMEサーモシェイプのデメリット

最終更新日:2017/09/19

サーモシェイプのデメリット

光沢のある足

痛みや熱さを感じる心配がないサーモシェイプですが、施術を受ける方にとっては、身体に被害を及ぼす以外のデメリットをあまり考えたことはないのではないでしょうか。確かに、痩身エステメニューで最も気になるのは機械を使用したことによる副作用などのデメリットですが、最近の機械は安全性を考えているものが多く、安心して施術を受けることが出来ます。そこで今回は、サーモシェイプにおけるデメリットを詳しくご紹介します。
■リバウンドの可能性がある
サーモシェイプは脂肪を溶かして燃焼するものなので、キャビテーションのように脂肪細胞を破壊するものではありません。よって、脂肪細胞自体はそのまま残っていることになります。このことについてよくわからないまま、サーモシェイプを行ったからといって運動や暴飲暴食をしていればもちろん効果はありませんし、それどころかリバウンドの可能性があります。サーモシェイプは脂肪細胞を燃焼させ、細胞をしぼませる効果があります。施術を行ってから1~2週間は、脂肪細胞がしぼんでおり、さらに代謝も上がっている期間なので、この期間に運動や食事制限をするとより大きな効果が期待できるでしょう。
■痩身エステメニューの中でも料金が高い
安全で即効性のあるサーモシェイプのマシン本体は非常に高価なものになっていますので、導入しているサロンとしていないサロンがあります。さらに、導入しているサロンであっても、マシン自体の本体が効果なため施術料金も伴って比較的高めになっています。サーモシェイプはキャビテーションや一般的な痩身エステメニューとは少し違って、頻繁に定期的に通う必要はありませんが、それでも一度の料金は高額であることを覚えておいたほうが良いでしょう。
■施術を受けられない方もいる
いくら安全性の高い機械といっても、電磁波を使用した施術になりますので、妊娠中や授乳中の方であれば胎児や乳児に影響を及ぼす危険性があるので施術を受けることが出来ません。また、生理中の方などは代謝が上がりにくいほか、血行促進効果にも関わってきますので、施術を断っているサロンもありますし、できるだけ避けておいたほうが良いでしょう。しかし、生理後の4日~10日あたりは代謝が非常に上がっている期間なので、この期間を狙ってサーモシェイプを行えば、より効果を感じることが出来るでしょう。
サーモシェイプのデメリットはしっかり把握して気を付けていれば避けられることが多いので、もし施術を受けようと思うのであれば、ご自身の体の状態や体調などもしっかり考えておくべきだといえます。

一覧はこちら

サーモシェイプランキング

TOP